全滅された哀れなキャンディー

これぞ! ハミルトン トイズ社の初期AAキャンディーでござんす!

1992年のごろ、始まった”Candi Girl”(キャンディー ガール)はヘレナ・ハミルトン女史のプロデュースによるファッションドールです。 どう見ても、バービー人形に似てすぎて、バービーもどきといわれています。 人形コレクターでもない友達に見せてあげたことがあって、子供でも、大人でも、このキャンディー人形を見たら「バービーだ!」と言われるほどです。 つまらん!

彼女は数体限定のカスタムキャンディー人形をデザインしておられて、100~150ドルぐらいという高価さでした。 生まれて初めてゲットした↓の4人キャンディー・ガールは1体を除いて3体はカスタム人形でして、各99~120ドルぐらいという記憶があります。 
もう1体(おばんくさいおでこ)が94年に着せ替え遊び用として発売し始めたもので、25ドルでした。 このキャンディーに人生を狂わせた僕だったけど、懐かしいなぁ~

96年のごろ、バービーカスタム人形作家だったマイケルマン氏がデザインを担当し、その後、ハミルトン女史との仲が悪くなり、マイケルマンは退社された。 キャンディー自体は凍結状態になり、数年沈黙が続きますが、2001年になるとインテグリティー トイズ社からキャンディーが発売し始めた。デザインはまだティーネイジャーでバービーのメイクオーバーなどで業界を騒がせ始めていた天才ジェイソン・ウーくんが担当するようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その間(97~00年)は大悪な事件が起こりました。
キャンディー・ディーラーだったベトナム系の女性が世界中のバイヤーから集めた先行予約資金の持ち逃げ(ネコババ)事件があったり、ハミルトン女史がドラッグ常習者で逮捕されたというさまざまなうわさが流れていました。 キャンディーは完全に嫌われ(者)人形になってしまい、それなので人間は罪があっても、このキャンディー人形は罪がありませんよ・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キャンディーはハミルトン トイズ社、インテグリティー トイズ社と2社から発売されるかたちにされ、その後版権をめぐり、インテグリティー トイズ社はキャンディーから離れ、その進化系としてのFRドールを手がけるようになりました。  めでたい~ めでたい~

あれからキャンディーはどこへ行ったのでしょうね? 永遠に哀れなキャンディーです。

http://www.dolls.de/candi/

http://www.morito.com/Candi1.htm


キャンディー2201
初期はAAキャンディーだけだったそうです。 その後、白人キャンディ(同じAAの顔モールド)を入れたそうです。

キャンディー2202
安っぽくて不細工だが、とても可愛いです。 でも、ドレスの裁縫が良くできています。

キャンディー2203
珍しいヅラのキャンディーです。 でも、接着剤で固定してあってがっくりしました。

キャンディー2204
長年、飾ってたままだったので、髪が粉々になってしまい、帽子の羽根がバラバラしています~

キャンディー2205
おばんくさく、おでこが広~い。

続きを読む

プロフィール

森都 仁(Morito)

Author:森都 仁(Morito)
L.A.(ロス)存在 
カスタム人形作家

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
412位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Flashリバーシ
by mitti0
soKKuri?
powered by soKKuri?
にほんブログ村バービー
にほんブログ村 コレクションブログ バービーへ
人気ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
リンク